雨の日の頭痛緩和方法

雨の日は頭が痛くなるという方は多くいます。これは気圧の低下により全身の血管が弛緩し、頭の神経が圧迫されて起こるためです今回は雨の日の頭痛の緩和方法をご紹介します。

 

痛みを感じる部分を冷やす

 

頭痛は血管が拡張し神経を圧迫することで起こります。血管を収縮させれば神経の圧迫がなくなり、頭痛も軽減します。即効性が高く簡単な方法が、痛みを感じる部分を冷やすことです。外部から冷やすことで血管を収縮させることが出来ます。冷やす道具は、氷か冷却ジェルを包んだガーゼやタオルがオススメです。冷却シートなどは血管を収縮させるほどの冷却力はないので、より冷たい氷か冷却ジェルを使いましょう。

 

カフェイン入りの飲み物を摂取する

 

カフェインは摂取することで血管を収縮させる働きがあり、これにより頭痛を軽減させることが出来ます。代表的な飲み物がコーヒーです。コーヒーに含まれているカフェイン量は多く、血管の収縮だけでなく眠気覚ましにも効果的です。コーヒーが飲めない方は紅茶がオススメです。たくさんのフレーバーがある紅茶は、カフェインの血管収縮効果だけでなく、匂いによるリラックス効果も期待出来ます。体がリラックス状態になることで自律神経の働きが安定し、頭痛の緩和により効果が期待出来ます。

 

薬を飲む

 

酷い頭痛の場合は薬を使いましょう。近年では頭痛に悩む方が増加しており、市販薬の種類も豊富になっています。自分の身体に合った薬を探してみましょう。ただし薬を飲む場合は症状が出る前に飲むようにしましょう。雨の日の頭痛は低気圧による偏頭痛です。偏頭痛は症状が起き始めてから薬を摂取しても効き目が薄いので、症状が出る前に飲んでおきましょう。