酷い頭痛は頭痛外来で診察を受けよう

頭痛が長く続く、市販薬を飲んだりマッサージをしても良くならないという方は、頭痛専門の頭痛外来を受診してみましょう。

 

頭痛外来とは

 

頭痛外来とは、名前の通り頭痛専用の窓口です。専門の機械や道具を使い、適切な処方を行います。頭痛外来で診察を担当している医師は専門分野が多岐に渡り、様々な原因が考えられる頭痛を多種多様な面から診察していきます。

 

診察の流れ

 

頭痛外来では、まず問診が行われます。問診では、いつから頭痛が起こっているか、どのようなときに頭痛が起こるか、どのように痛むかなどを聞かれます。問診での診察はこれからの治療の足がかりとなります。なるべく正確に、詳しく医師に伝えましょう。事前にメモなどにまとめておくとスムーズに問診を行うことが出来ます。

 

問診後は診断が行われます。他の病気による頭痛が疑われる場合は精密検査が行われます。脳波測定やCT、MRI、X線検査や血液検査など、全身をくまなく検査し原因を探ります。体に何らかの異常が見つかった場合、その病気の治療を行うことで頭痛を改善することが出来ます。

 

病気が原因でない場合は、経過観察や頭痛がどのくらい日常生活に支障をきたしているかを診断するMIDASという方法が行われます。これらを参考にして診断結果を下し、その人にあった薬や治療法を選びます。

 

上記の流れは一般的なものですが、病院や医師によっては診察の流れが異なる場合があります。また治療には複数回の通院が必要となるため、自分の通える範囲内での病院を探しましょう。