寝起きの頭痛の原因と対処法

朝起きた時に頭が痛い、という経験をしたことがある方は多いと思います。寝起きの頭痛は気分を低下させてしまい、一日のやる気を損なわせてしまいます。今回は、寝起きの頭痛の原因とその対処方法をご紹介します。

 

寝起きの頭痛は何故起こる?

 

寝起きの頭痛は、頭の血管が拡張し、周りの神経を圧迫させることで起こるとされています。このタイプの頭痛は気圧の変化や乱れた食生活などでも起こります。寝起きに血管が拡張する原因として考えられるのは主に二つです。一つが、寝ている間に脳が十分に休まらず、体に疲れが蓄積され体の働きが乱れ、起きた時に血管が拡張してしまう、というものです。もう一つが女性ホルモンのバランスの乱れです。ホルモンバランスが乱れることで自律神経が正常に働かなくなり、血管を拡張させる副交感神経が過敏になり、寝起きにそれが起こり頭痛を引き起こしてしまうというものです。

 

対処方法

 

脳をしっかりと休ませることで朝の頭痛を防ぐことができます。そのためにはしっかりと熟睡する準備が必要です。寝る前にしっかりと湯船に浸かり、体を温めて入眠しやすい状態にする方法は効果的です。ベッドに入る前に軽いストレッチをするのも、体の緊張をほぐし脳を休ませやすくしてくれます。寝る前にスマホやテレビを見ないで、部屋を暗くするのも熟睡する方法の一つです。目から入った光は脳を刺激し、眠りを浅くしてしまいます。

 

寝起きに頭痛が起こってしまった場合は、痛む場所を冷やして安静にしましょう。部屋を暗くして外部からの刺激を少なくし、冷やして血管を縮小させることで痛みは徐々に和らぎます。