めまいを伴う頭痛は何が原因?

頭痛と一緒にめまいの症状が出る場合、様々な原因が考えられます。中には重篤な病気の症状の一つの場合もあるので、気になる方は一度病院でしっかりと検査を受けましょう。今回は頭痛と一緒に起こるめまいの原因についてご紹介します。

 

偏頭痛

 

偏頭痛は血管が脈を打つような頭痛が特徴です。偏頭痛の症状の出方は様々で、数時間で治まる場合もあれば一日中痛みが続くこともあります。頭痛だけでなく、光に敏感になったり、音やにおいがいつもより気になる、吐き気がするという症状が一緒に出ることがあります。そのうちの一つにめまいがあげられます。偏頭痛持ちの方で頭痛と一緒にめまいを感じる方は少なくありませんが、未だはっきりとした原因は分かっていません。

 

首や肩のコリ

 

首や肩など、頭に近いところの筋肉が緊張してコリが起こると、頭痛と一緒にめまいが出ることがあります。この症状は筋肉の緊張をほぐせば頭痛もめまいも治るので、適度に体を動かしコリをほぐすようにしましょう。

 

中耳炎

 

中耳炎は鼓膜の奥に炎症が起こる病気です。主な症状は難聴と耳だれですが、症状が進行すると頭痛とめまいも症状のうちの一つとして表れてきます。

 

脳腫瘍

 

脳腫瘍は頭蓋骨の中に腫瘍ができる病気です。脳腫瘍の自覚症状のうち、頭痛とめまいがあげられます。特徴として、朝起きたときに酷い頭痛があり、徐々に治まってくるという症状があげられます。脳腫瘍は早急な治療が必要な病気なので、心当たりのある方はすぐに病院で検査を受けましょう。

 

脳卒中

 

脳卒中も脳腫瘍と同じく、早急な治療が必要な病気です。場合によっては命に関わることもあり、治療をしても後遺症が出ることもあります。脳卒中は頭痛とめまいだけでなく、手足のしびれや視野の異常も一緒に出てきます。