風邪の頭痛は何故起こる?原因と対処法

風邪の症状の一つに頭痛があげられます。風の頭痛は長く続き、脈を打つように頭が痛くなってしまいます。今回は風邪の頭痛の原因と対処法についてご紹介します。

 

風邪の頭痛は何故起こる?

 

風邪を引く原因は、鼻や喉の粘膜に風邪菌が入り込み、体がこれを排除しようとします。このときの働きが咳や鼻水、熱などの風邪の諸症状として表れます。頭痛もその一つです。風邪菌に対抗するために免疫細胞である白血球を増やすために、血液の流れが活発化し血管が膨張します。膨張した血管は頭の神経を圧迫し、これが頭痛となって表れてしまうのです。

 

頭痛の対処方法

 

風邪の頭痛の対処法は、まず根本の原因である風邪を治すことが重要です。病院へ行き、適切な診断と治療を受けましょう。市販されている頭痛薬は数多くありますが、風邪薬との併用は危険が伴います。頭痛が酷い場合はその旨を医師に伝え、頭痛薬と一緒に使用していいかを聞きましょう。

 

頭痛薬が使えない場合の応急処置は、頭を冷やすと効果的です。風邪の頭痛は血管が膨張し神経を圧迫することで起こっているので、外部から冷やすことで血管を収縮させ痛みを軽減させることが出来ます。冷やす時は、アロマオイルを染み込ませたタオルを使うとより効果的です。アロマの匂いにはリラックス効果があり、痛みを和らげたり熱で朦朧としてしまう頭をすっきりとさせることが出来ます。痛みを感じる部分を押してマッサージするのも効果的です。押して圧迫することで痛みを抑えることが出来ます。