頭痛は温める?冷やす?どちらが効果的?

頭痛の対処方法は冷やすのが効果的という意見がある中、冷やすのは逆効果なので温める方が良いという声も聞かれます。頭痛には冷やすのと温めるの、どちらが効果的なのでしょうか。

 

冷やすと効果的なタイプの頭痛

 

冷やすと頭痛が緩和されるのは、頭痛の中でも偏頭痛と呼ばれる症状のものです。偏頭痛はこめかみが痛み、脈に合わせて頭痛が起こるのが特徴です。精神的な不安や気圧の変化で起こる頭痛も、ほとんどは偏頭痛に分類されます。偏頭痛は血管が拡張し、脳の神経を圧迫することで起こる痛みです。血管の収縮し、神経への圧迫を抑制するためには冷やすのが効果的です。外部から冷やすことに血管は収縮します。痛む部分を重点的に冷やすのがポイントです。ガーゼやタオルでくるんだ氷や保冷剤を使い、痛む部分を冷やしましょう。

 

温めると効果的なタイプの頭痛

 

温めることで頭痛が緩和するのは、首のコリや肩のコリなど、頭周辺の筋肉が緊張することで起こる頭痛です。筋肉が緊張することで血管が収縮してしまい、頭部の血液量が低下します。これにより頭痛が起こってしまうのです。このタイプの頭痛は、コリを感じる部分を温めることで症状を緩和することが出来ます。湯船にゆっくり浸かる方法が一番効果的ですが、出先などですぐにお風呂に入れない場合は、肩や首をマッサージして筋肉の緊張をほぐしましょう。肩や首のコリは一度起こると癖になってしまうので、日常的にコリをほぐすマッサージをすると、頭痛対策に効果的です。